今は子供でもなる歯槽膿漏。酷い口臭があるのが特徴で、予防のために歯科でケアをするのが一番です。

歯を綺麗にするために心がけたいこと

歯を綺麗にするために心がけたいこと

口臭が酷くなる歯槽膿漏、防ぐために。

PAGETITLE
今は大人だけではなく子供も歯槽膿漏になるんだそうですね。歯槽膿漏というのはコマーシャルなどでお馴染の、歯茎が赤くぶよぶよに腫れてしまうやつです。歯茎が炎症を起こしている状態で、軽く歯を磨いただけでも出血してしまいます。また歯槽膿漏になると酷い口臭があり、それに悩まされる患者さんが非常に多いのも特徴的です。大人でも気になる口臭ですが、子供でも歯槽膿漏だと口臭があり、それがいじいめや仲間外れに繋がってしまうこともあります。歯槽膿漏が酷くなると歯がどんどん抜けてしまったりすることもあり、できるだけ早く治療することが望ましいです。一般的には放置していればしているほど酷くなり、よくなることはありません。

歯槽膿漏にならないためには歯をしっかり磨くことが大事ですが、実はそれだけでは不十分です。素人がどれだけ丁寧に歯を磨いても、どうしても磨き残しがあるものです。特に日本人の場合は白人と比べると歯垢がたまりやすく、歯槽膿漏になりやすいと言われています。なので歯槽膿漏を防ぐためには定期的に歯科でケアをするのが一番です。2か月に1回くらいで構わないので歯科に通うようにしてください。日本だと歯医者に行くのは虫歯になったりしたときで、あまりケアのために通う人はいません。しかしケアのために歯医者に通うのは非常に重要なことで、歯槽膿漏を防ぐためには必要なことでもあります。なのでできれば歯科でケアしてもらってください。

ピックアップ

Copyright (C)2017歯を綺麗にするために心がけたいこと.All rights reserved.